永田收写真展『誰もいない展覧会 ~猫の眼~』その4 最終回

 

猫の眼 その4

 

 

f:id:hanamoribooks:20200419144721j:plain
f:id:hanamoribooks:20200419144731j:plain

 

どこに猫がいるでしょう? その①

 

阪急淡路駅近くのトタン屋根の上にいた猫。

 

 

 

f:id:hanamoribooks:20200419150607j:plain
f:id:hanamoribooks:20200419150633j:plain

 

どこに猫がいるでしょう? その②

 

よく見ると2匹。

 

f:id:hanamoribooks:20200419151013j:plain
f:id:hanamoribooks:20200419151024j:plain

 

どこに猫がいるでしょう? その③

 

大阪・西成にて。洗濯物のワンピースの奥に。

 

f:id:hanamoribooks:20200419151358j:plain
f:id:hanamoribooks:20200419151412j:plain

 

どこに猫がいるでしょう? その④

実は拡大した写真の猫以外にもう一匹いますが、見つかりましたか??

 

神戸市兵庫区、稲荷市場。

かつてあった魚屋の裏手にて撮影。路地裏風景が残っていた場所で個人的記録のため、足繁く通った場所である。

 

 

 

***************************

展示の最後に

 永田收さんのおはなしと今後の活動のこと

 

 

「町とともに猫を楽しんできました。

 

 時に猫を被写体としながらも

これから残っているか分からない風景、下町を同時に記録し続けています。

 

 

 自宅待機、外出自粛をせざるを得ない状況の中で

今回の<エアーギャラリー>とでもいうのか、
臨時休業中の古書店内で「誰もいない展覧会」を開催することにしましたが、

 

直接、写真を観ていただくことができない、

インターネットを通じてご高覧いただくということは

細やかな表現を伝えるという部分では本来難しいことだと思っています。

 

 ただ、観てくださる方がより想像力を働かせ、

また直接観る以上に作品そのものや、その表現方法についてより知りたいという興味を持っていただけるならば、決してマイナス面ばかりでもないと信じています。

 

 今回の展示はある意味「幻」の写真展でもあります。

 

 現代美術のテーマとしてしばしば「空間」と「時間」というものが挙げられますが、

誰もいない空間で展示を行うことで、いつもと違う空気が流れ、

さらにそれをネットで公開することによって、

新しいコミュニケーションが生まれることに期待しています。

 

                 2020年4月18日 永田收

 

f:id:hanamoribooks:20200419155027j:plain

 

永田さんは1953年生まれ。

写真を勉強された後、1976年から足かけ8年世界を放浪されました。

きっかけは当時、愛読者の多かったという小田実『何でも見てやろう』や、冒険家、上温湯隆の著作なども後押しになったといいます。

 

タイ、マレーシア、インド、パキスタンアフガニスタン、トルコ、エジプト、スーダンケニアルワンダ、ザイール、ナイジェリアなどアジアからアフリカを巡り、

その後ヨーロッパ各国で滞在。アメリカのNYとメキシコの山間部で長期滞在した後、帰国。

変容していく日本の町、特に下町を記録をし始めました。

主宰するミニコミ誌『SANPO・下町通信』も現在43号まで出ています。

 

今後の活動について、

60歳を過ぎてから体調面を含め、予期せぬことが起こっていますが、

日々を頑張っていきたい。一枚でも多くの写真を撮っていきたい。

 

永田收(ながた・おさむ)

1953年 岡山県生まれ、神戸市在住。

写真家。

変わりゆく都市、下町をテーマに撮影を続け、

ミニコミ誌『SANPO・下町通信』を主宰している。

 Facebook:OsamuNagata

           

*****************************

 

永田收さん発行の『SANPO・下町通信』(現在1号~43号+別冊など)は花森書林内でも取り扱いしています。一部250円より。

 

******************************

 

 花森書林(はなもり・しょりん)
650-0022
神戸市中央区元町通3-16-4
078-333-4720
hanamoribooks@hotmail.com
https://hanamorishorin.com/

**本の買取りいたします。一冊から大量まで。お気軽にご連絡くださいませ。**

永田收写真展『誰もいない展覧会 ~猫の眼~』その3

猫の眼 その3

f:id:hanamoribooks:20200419140830j:plain

 

「小さな子猫であったが、ちょっと野性的な構えをみせたのが記憶に残っている。猫の本能に触れる思いがした。」

 

 

f:id:hanamoribooks:20200419140958j:plain

 

 上記の写真は詩人の玉川侑香さんがとても気に入ってくださり、主宰するミニコミ誌『SANPO・下町通信』にもこの猫のことで文章を寄せてくださった。

 

 

 

f:id:hanamoribooks:20200419141611j:plain

 

大阪・茶屋町、街が大きく変化する前に撮ったもの。

珍しく下町でない場所を撮影した。猫の鳴き声に誘われるかのように。

 

 

 

f:id:hanamoribooks:20200419142231j:plain

 

神戸・北野。

にぎやかな観光地から一歩、路地を入ると文化住宅や長屋が並ぶ場所もあった。それも今となっては見られない風景である。

 

 

 

f:id:hanamoribooks:20200419142714j:plain

 

 奈良・大和高田にて。

この日、初めて行った場所で撮影がうまく進まなかった。

猫ちゃんが出てきてくれて歓迎してくれたことを私はとても喜んだ。

 

 

続きを読む

永田收写真展『誰もいない展覧会 ~猫の眼~』その2

 <猫の眼>の世界へ・・・ 

 

f:id:hanamoribooks:20200419121852j:plain

「しーちゃん」に似ている猫

 永田さん自身も猫を飼っておられたそうで、

知人の方に譲ってもらった子猫は「しーちゃん」と名付けられ25年もの間ともに暮らしました。

 1996年に撮影した神戸・平野で撮影された上記の猫は、

後に出会うことになる「しーちゃん」にとても良く似ていて、永田さんにとっても思い入れの深い一枚だそう。

 

 

 

f:id:hanamoribooks:20200419130734j:plain

 

 

 上記の猫は阪神淡路大震災後、神戸で撮影したとのこと、
昔の渋い俳優のような面持ちが印象的だっという。

 

 

 

f:id:hanamoribooks:20200419134604j:plain
f:id:hanamoribooks:20200419134651j:plain

 

f:id:hanamoribooks:20200419134618j:plain
f:id:hanamoribooks:20200419134640j:plain

 

 「撮影する時、1mくらいまで近づけたら、よく近づいてきてくれたなと思う。大概、シャッターを向けて近づいたら逃げちゃう。その猫と自分との境界線を踏み込みすぎないよう、必ず声をかけながら、時に身振り手振りをくわえながら距離を縮めていく。」

 

 

f:id:hanamoribooks:20200419133102j:plain
f:id:hanamoribooks:20200419133049j:plain



大阪で撮影された路地裏の猫たち。

左は大阪・九条、右は大阪・平野にて。猫と人との距離の近さを感じる。

 

永田さん曰く、

 

「猫が幸せそうに生きている町がいい町だと思う」

 

続きを読む

永田收写真展『誰もいない展覧会 ~猫の眼~』 その1

 

f:id:hanamoribooks:20200419113852j:plain

永田收写真展『誰もいない展覧会 ~猫の眼~』

 当店が臨時休業に入る少し前、写真家の永田收(ながた・おさむ)さんと互いの近況について話を交わしました。

 永田さんは受け持っておられる写真教室や控えていた写真展などがすべて延期、中止となり、当店もまた当面の間店を閉めることを決断したばかりでした。先の見通しが分からない中で、互いに何かできることはあるだろうか、何ができるだろうと思案していましたが、同じ思いの永田さんの発案もあり、休業中の店内で永田さんの写真展を開催することに致しました。勿論、店舗は休業中なので、直接足を運ぶ人は誰もいない写真展です。

 

 永田さんはそれを<エアーギャラリー>と笑って仰いました。

 

この写真展のテーマは「猫」です。永田さんが下町を散歩をしながら路地裏で出会った猫たちです。永田さんの人柄そのものである実直な写真に、自分も含め根強いファンが多いわけですが、この写真展が家から気軽にでることのできない沈んだ気持ちや、溢れかえる情報で疲れた心を少しでも軽くしてくれることを願って、ひっそりと開催いたします。

 

直接ご覧いただけない展示の写真はこのブログを通じて

少しずつご紹介していきたいと思います。

 

f:id:hanamoribooks:20200419121852j:plain

 

永田收写真展『誰もいない展覧会 ~猫の眼~』

 

会期:2020年4月18日~花森書林店舗営業再開まで

開催場所:花森書林 (店舗は臨時休業中です)

 

******************************

 

 大変な事態である。心身、経済ともに毎日不安がつきまとう。

 

阪神淡路大震災後から路地裏の猫を意識的に撮るようになった。

野良猫たちは過酷な状況でも

強く、しなやかに、したたかに生き延びている。  

彼らの放つ眼光のするどさとやわらかさに

度々力をもらってきた。

 

誰もいない臨時休業中の店内から発信する。

 

永田收(ながた・おさむ)

1953年 岡山県生まれ、神戸市在住。
写真家。

変わりゆく都市、下町をテーマに撮影を続ける。
ミニコミ誌『SANPO・下町通信』主催。

 

******************************

 

続きを読む

<『ノロウェイの黒牛』取り扱いはじめました> さとうゆうすけさんインタビュー ~後編~

************************************

2019年3月にBL出版より発行された『ノロウェイの黒牛』、

絵をご担当されたさとうゆうすけさんへのインタビュー特集。後編になります。

************************************

 

⚪︎1冊の造本としてどんなふうに感じられていますか。

反射を抑え少しざらついた紙の質感が、昔話の落ち着いた雰囲気にとても合っていると思います。また、タイトルや帯、見返しなどの色合いも物語のしっとりとした雰囲気を盛り上げています。
飾り罫は、表紙や見返しのイバラ模様やイギリスの古代ケルト紋様を意識して描きました。デザイナーさんによってクラシックな雰囲気に仕上げてもらえました。
チェコの絵本が好きで、あんな絵本を再現したいと思っていました。造本の力で憧れのクラシック絵本に近づいたのではないかと思います。

f:id:hanamoribooks:20190601163005j:plain

 

 

⚪︎絵本の制作を通して、最初に物語を読んだときの印象と、なにか変わったところはありますか。

最初に物語を読んだときは、そのストーリーの展開や幻想的な場面に目を奪われました。 けれど、制作を続ける中、様々な話し合いから、物語の中に込められた文化的な背景も強く意識するようになりました。
ノロウェイの黒牛はなぜ口にするのも憚られる恐ろしい怪物なのか、ガラスの丘とは何なのか、なぜ娘は黒牛の王子と結ばれるのにこのような試練をくぐらなければならなかったのか。
昔話には忘れられた歴史が、その奥深くに脈々と受け継がれているのではないかと思います。物語を読み終わった後、なかがわさんの後書きから歴史的な想像を膨らませるのもまた、この物語の楽しみではないかと思います。

 

f:id:hanamoribooks:20190529150840j:plain




⚪︎完成したこの絵本に対する想いを教えてください。

およそ3年の歳月をかけて完成させることができた絵本です。もっとよくできなかっただろうかという思いもありますが、全力でひとつひとつの場面を描き上げました。
そこに文章、デザイン、編集、出版社、印刷所といった方々の協力を得て、この絵本を完成させることができました。隅々までみんなのアイディアが詰まっています。
細かなところまで深読みして、子供から大人までそれぞれの楽しみ方で何度でも読んでほしいと思っています。

f:id:hanamoribooks:20190529151110j:plain

f:id:hanamoribooks:20190529151135j:plain

 

f:id:hanamoribooks:20190529151200j:plain





〇余談ですが… さとうさんの好きな時間いつでしょう。

どんな時間も好きですが、絵を描くことに関しては、夜が好きですね。静かで時間の変化を感じさせなくて集中できます。
ヨーロッパの昔話は暗く長い冬の夜に語り継がれてきたのではないかと想像しています。そんなところが自分の絵に合っているのかもしれないと思っています。

 

f:id:hanamoribooks:20190603131512j:plain



⚪︎どんなふうに気分転換をされていますか。

絵を描くのに行き詰まるとワイヤー作品を作ります。できるだけシンプルに立体的にと考えていると頭の体操になるのかもしれません。
散歩も好きです。流れる雲や木や田んぼの葉を揺らす風、山の木々の間から立ち昇る霧は、想像力を掻き立て、絵本のどこかに使えないかと刺激になります。

f:id:hanamoribooks:20190529144615j:plain




⚪︎絵本の中にも動物が登場していますが、好きな動物は?

猫を飼っているので、猫が好きです。飼い猫を絵本の中にも登場させてしまいました。探してみてください。犬やウサギも飼っていたので好きですね。
牛については日本人的な感覚なのか、黒牛と聞くと黒毛和牛を想像してしまいます。
今回の絵本制作にあたって、どうしたら主人公になるような、かっこいい黒牛を描くことができるかはひとつのポイントでした。
絵本に登場する黒牛の主なモデルは、ハイランドキャトルという現在もスコットランドで飼育されている毛がモサモサの角の長い牛です。
そこに、ヨーロッパバイソンなどの他の数種の牛の要素を掛け合わせて、今は絶滅した牛の祖先を自分なりに再現してみました。

 

f:id:hanamoribooks:20190529144723j:plain

 

 

さとう ゆうすけ(プロフィール)

f:id:hanamoribooks:20190529144939j:plain

幼少期より絵が好きで、2006年より雑誌MOEへの投稿をはじめ、
2008年に初個展を開催。以後、名古屋、神戸、岐阜、東京、京
都等で個展やグループ展への作品制作を続け、繊細で美しい画風
が注目を集める。昔話やアンデルセン童話などをモチーフに作品
制作をしたり、木彫、針金、陶器などの立体作品も手掛けている。
本書は絵本デビュー作となる。

 

ノロウェイの黒牛』なかがわちひろ(文)さとうゆうすけ(絵)

BL出版 1600円+税

f:id:hanamoribooks:20190603134028j:plain



むすめと呪われた黒牛の恋
イギリス・スコットランドに伝わる
切なくも美しいむかしばなし
身の毛もよだつ怪物とされる黒牛と結婚してもいいというむすめ。黒牛はむすめを背にのせ、果てしない旅に出ます。くらい森をぬけ、さびしい荒れ野をこえ、そしてその途中、黒牛にかかった呪いを知ったむすめは…


***花森書林 絵本購入特典***

花森書林で絵本をご購入いただきました方には特典として、
過去の展示DMとさとうさんのサインイラストカードをお渡しさせていただいています。
すでに当店でご購入いただいた方にも追って必ずお渡しいたしますのでご安心くださいませ。

f:id:hanamoribooks:20190601162831j:plain


***花森書林 さとうゆうすけさん個展***

2019年11月21日~12月9日、
花森書林展示スペースにてさとうゆうすけさんの個展を開催いたします。
ノロウェイの黒牛』の原画展示も行います。是非ご高覧くださいませ。

 

 

花森書林(はなもり・しょりん)
650-0022
神戸市中央区元町通3-16-4
078-333-4720
hanamoribooks@hotmail.com
https://hanamorishorin.com/
 

**本の買取りいたします。一冊から大量まで。お気軽にご連絡くださいませ。**

<『ノロウェイの黒牛』取り扱いはじめました> さとうゆうすけさんへのインタビュー ~前編~

____________________________________

    2019年3月、神戸の出版社BL出版より世界のむかしばなしのシリーズの一作として
ノロウェイの黒牛』が刊行されました。

____________________________________

 

2019年3月にBL出版から『ノロウェイの黒牛』が出版されました。文章はなかがわちひろさん、絵はさとうゆうすけさんです。さとうゆうすけさんは花森書林移転前の旧店舗でも何度も個展を開催いただいたご縁ある作家さんで、 この度の絵本『ノロウェイの黒牛』の完成をたくさんの方と喜び分かち合っています。
 当店でも『ノロウェイの黒牛』を取り扱いさせていただくことになり、
それにあたって、今回、編集者の鈴木加奈子さんご協力のもと、さとうゆうすけさんへのインタビューをお願いいたしました。

 絵本をすでにお持ちの方も、初めての方も絵本製作の舞台裏をじっくりお楽しみくださいませ。

 

f:id:hanamoribooks:20190515101932j:plain

 

 

f:id:hanamoribooks:20190529142203j:plain

 

 **************************************


〇本書がさとうさんの絵本デビュー作となりますが、
これまでの活動から、絵本の制作のはじまりについて
改めてお伺いできたらと思います。

 

 子供のから絵本や童話が好きで、自分でも作りたいとずっと思っていました。中学生の時に最初の絵本を作りました。それは北欧の昔話を題材にしたもので、その頃からやりたいことは変わっていないなと思います。絵本作家リスべス・ツヴェルガーの本を読んでこんな繊細な表現が絵本の世界にはあるのか、と憧れました。
 独学で絵を描き続けていましたが、MOEに投稿を始め掲載されたことをきっかけに、絵本の出版を夢見るようになりました。また、描きためた作品を個展やグループ展で発表するようになりました。

 グリム童話アンデルセン童話などの昔話を題材に絵を描いていましたが、個展やグループ展で発表する機会をいただき、東京、名古屋、岐阜、京都、神戸などで展示してきました。
 絵本を作りたい、昔話を作りたいと公言していたところ、展示を見てくださった編集者の方から、昔話絵本を作りましょうというお話をいただき、それが本作に繋がっていきました。

 

f:id:hanamoribooks:20190529143457j:plain

 

〇この物語を最初に読んだときの印象や感じた魅力を教えてください。

 

 ノロウェイの黒牛は美女と野獣を思わせる物語です。しかし、王子の呪いが解けて、めでたしめでたしとハッピーエンドになるわけではなく、そこから主人公の娘の一人旅が始まります。この後半の展開が独特でまた現代に通じるテーマだと思い、この物語に惹かれました。

 

f:id:hanamoribooks:20190529140845j:plain



 

⚪︎どのように絵のイメージをふくらめ、制作を進めていきましたか。

 

 物語には惹かれましたが、牛が主人公になることには少し悩みました。かっこいい黒牛が描けたらこの物語を描いていけるのではないかと思い、黒牛のイメージ作りから始めました。
 そこから娘や王子や魔女といったキャラクターのイメージを固めていきました。
描く場面については、物語を読んでおよそのイメージは頭の中にありましたが、ページの関係から全てを取り上げるわけにはいかなかったため、どこをカットし、どこを採用するか決めるのが難しく、試行錯誤しました。

 今まで様々なタッチで絵を描いてきたため、どのような画材で表現した世界がこの絵本に合うのかにも頭を絞り、試作を繰り返しました。

 

 

f:id:hanamoribooks:20190529141007j:plain


⚪︎昔話を絵にするときに、面白かったところ、難しかったところを教えてください。

 

 昔話は表現がとても簡潔です。美しい場面も恐ろしい場面も摩訶不思議な場面も、あっさりと一言で語られます。読者はそれを頭の中で想像するわけですが、思い描く場面は人それぞれで、本当のところは誰にもわかりません。
しかし、実際に絵を描くとなると、1行の文章から、そこには何があって、どんな天候で、登場人物はどんな表情をしているのか、ひとつひとつを具体的に考えなければなりません。
 物語の世界を細部にいたるまで想像し、一から創り上げていくことは、絵本を描く作業の一番おもしろいところであり、同時に一番難しいところでした。

 

f:id:hanamoribooks:20190529150248j:plain

 

f:id:hanamoribooks:20190529142236j:plain

 

 

⚪︎特にお気に入りの場面があったら教えてください。

 

 娘を背に乗せた黒牛が、荒れ模様の空を背景に草原を歩いていく絵は、お気に入りの場面に仕上がりました。だんだん崩れていく天候は二人の行く先の試練を現しているようです。
絵を描くとき、そこに具体的には描かれない、感情や感覚、空気や光を表現したいと思っています。この絵では、草原を吹き抜ける風とその冷たさをどこかに感じていただけたなら嬉しいです。

 

f:id:hanamoribooks:20190529142522j:plain

 

 

⚪︎特に手強かった場面があったら教えてください。

 

 今まで、動物を擬人化した絵を中心に描いてきたため、人物の表現には苦労しました。絵ごとに主人公の顔が変わってしまうのです。
また、黒牛は王子が呪いにかけられた姿なのですが、黒牛と王子が同じキャラクターなんだということを、その瞳で伝えたいと思っていました。
ベッドの中で耳を澄ます王子の瞳と悲しく優し気な黒牛の静かな瞳に、共通した何かを表現できないかと苦心しました。

 

 f:id:hanamoribooks:20190529142607j:plain

 

***さとうゆうすけさんへのインタビュー、後編に続きます。***

 

 

 

ノロウェイの黒牛』なかがわちひろ(文)さとうゆうすけ(絵)

 BL出版 1600円+税

f:id:hanamoribooks:20190603134028j:plain



むすめと呪われた黒牛の恋
イギリス・スコットランドに伝わる
切なくも美しいむかしばなし
身の毛もよだつ怪物とされる黒牛と結婚してもいいというむすめ。黒牛はむすめを背にのせ、果てしない旅に出ます。くらい森をぬけ、さびしい荒れ野をこえ、そしてその途中、黒牛にかかった呪いを知ったむすめは…


***花森書林 絵本購入特典***

花森書林で絵本をご購入いただきました方には特典として、
過去の展示DMとさとうさんのサインイラストカードをお渡しさせていただいています。 すでに当店でご購入いただいた方にも追って必ずお渡しいたしますのでご安心くださいませ。

f:id:hanamoribooks:20190601162831j:plain

 


***花森書林 さとうゆうすけさん個展***

2019年11月21日~12月9日
花森書林展示スペースにてさとうゆうすけさんの個展を開催いたします。
ノロウェイの黒牛』の原画展示も行います。是非ご高覧くださいませ。

 

 

花森書林(はなもり・しょりん)

650-0022

神戸市中央区元町通3-16-4

078-333-4720

hanamoribooks@hotmail.com

 https://hanamorishorin.com/

 

 

**本の買取りいたします。一冊から大量まで。お気軽にご連絡くださいませ**

ご近所さま物語展 はじまりました

 3/16より花森書林、展示スペースにて「ご近所さま物語展」がはじまりました。

 

f:id:hanamoribooks:20190320140203j:plain

ご近所さま物語展の展示風景です。

 花森書林は路地裏にあります。この路地を説明する際に目印としてご近所の店舗さんの名前を出すのですが、実際、周囲には長年営まれているお店を含め信頼厚い個人商店も多く、町歩きにたのしいところだなと日々感じています。

 さて、そのご近所さまですが雑誌やWEBサイトなどで度々取り上げられ、メニューや商品が写真や画像として出てくることはあっても、提供する方が表に出られることはありません。どんな人がそのお店を作っているのか、好奇心と興味をもって、今回8店舗のみなさまに写真撮影の承諾を得てお話を聞かせていただきました。みなさんそれぞれに哲学と美学をもって、真摯に仕事を全うされています。

 

f:id:hanamoribooks:20190320140323j:plain

写真撮影は神戸在住のカメラマン、永田收(ながた・おさむ)さんによるものです。

 

 写真は神戸在住のカメラマン、永田收さんにお願いいたしました。コラムとして執筆してくださったのは「サウボナ・ミュージック」のサウボナさん、『神戸、書いてどうなるのか』などの著者で漫筆家の安田謙一さんです。みなさん丁寧に店主さんのお話に耳を傾けてくださいました。

 

f:id:hanamoribooks:20190320140640j:plain

文章は神戸在住の漫筆家、安田謙一(やすだ・けんいち)さん、サウボナ・ミュージック主催のサウボナさんにお願いいたしました。

 そして今回花森書林の企画に快くご承諾いただいた8店舗のみなさま(「青柳」、「くま食堂」、「ゲンジ」、「香美園」、「Tapir」、「喫茶チェリー」、「BITTER END」、「喫茶ポエム」)に心より御礼申し上げます。

 

f:id:hanamoribooks:20190320140816j:plain

厨房内や料理される様子なども撮影させていただきました。

 写真から、文章からご近所さまの旨味をたらふく感じていただき、実際にご近所さまに足を運んでいただけますと幸いです。

 

<ご近所さま物語展>

展示は3/29(金)17時まで(営業は19時まで)

火・水定休

13時~19時

 

***********************************

花森書林

650-0022

神戸市中央区元町通3-16-4

078-333-4720

***********************************

本の買取いたします。1冊から大量まで。

お気軽にご連絡お願いいたします。