永田收写真展『誰もいない展覧会 ~猫の眼~』その2

 <猫の眼>の世界へ・・・ 

 

f:id:hanamoribooks:20200419121852j:plain

「しーちゃん」に似ている猫

 永田さん自身も猫を飼っておられたそうで、

知人の方に譲ってもらった子猫は「しーちゃん」と名付けられ25年もの間ともに暮らしました。

 1996年に撮影した神戸・平野で撮影された上記の猫は、

後に出会うことになる「しーちゃん」にとても良く似ていて、永田さんにとっても思い入れの深い一枚だそう。

 

 

 

f:id:hanamoribooks:20200419130734j:plain

 

 

 上記の猫は阪神淡路大震災後、神戸で撮影したとのこと、
昔の渋い俳優のような面持ちが印象的だっという。

 

 

 

f:id:hanamoribooks:20200419134604j:plain
f:id:hanamoribooks:20200419134651j:plain

 

f:id:hanamoribooks:20200419134618j:plain
f:id:hanamoribooks:20200419134640j:plain

 

 「撮影する時、1mくらいまで近づけたら、よく近づいてきてくれたなと思う。大概、シャッターを向けて近づいたら逃げちゃう。その猫と自分との境界線を踏み込みすぎないよう、必ず声をかけながら、時に身振り手振りをくわえながら距離を縮めていく。」

 

 

f:id:hanamoribooks:20200419133102j:plain
f:id:hanamoribooks:20200419133049j:plain



大阪で撮影された路地裏の猫たち。

左は大阪・九条、右は大阪・平野にて。猫と人との距離の近さを感じる。

 

永田さん曰く、

 

「猫が幸せそうに生きている町がいい町だと思う」

 

 

その3につづく

 

 

花森書林(はなもり・しょりん)
650-0022
神戸市中央区元町通3-16-4
078-333-4720
hanamoribooks@hotmail.com
https://hanamorishorin.com/

**本の買取りいたします。一冊から大量まで。お気軽にご連絡くださいませ。**